投稿日:

体の血行が悪くなることで起こる、女性の2大・悩み“むくみ”&“ほてり”

体の血行が 悪くなると、様々な弊害を引き起こします。
血流が滞り、体の末端まで血流が行き届かないことで
“冷え症”になることはよく知られていますが、
“むくみ”も、運動不足による血行不良が原因で起こると言われています。
これは ちょっと意外な感じが しますよね!
もちろん、塩分のとり過ぎや、水分のとり過ぎも 大いに関係ありますが、
血行が悪くなることで 起こることが多いようです。
その場合、軽い運動や マッサージなどを 取り入れると良いですね(・.-)d
また、むくんでいる ところに、
少し熱いタオルと 冷たいタオルを交互に 何度か あてることも 効果的です(^^)d
そして、“ほてり”も、血行が悪くなることから起こると 言われています。
これも、意外ですよね!!
ほてっているのに、冷えてるの?という感じがします…。
“冷え のぼせ”と言って、血流が悪くなることで 体の一部が冷えて、
他の部分が ほてってしまうのだそうです。
それなので、“顔がほてる”からと言って、
クーラーを強くしたり、布団を掛けないで寝たりするのは、
かえって逆効果に なってしまうので、注意しましょう!
深呼吸を 何回も することで、少し症状が、改善する場合も ありますが、
寝る前に、少し ぬるめの お風呂に浸かると良いそうです(^^)d
また、普段から、軽めのストレッチなどを取り入れると 良いと思います!
この血流が滞っている状態を“お血”と言うそうですが、
“お血”の状態か どうか 調べるには、
舌の裏側を見ると 分かりやすいようです。
鏡で 舌の裏側を見て、“舌か静脈(ぜっかじょうみゃく)”という
紫色の静脈が浮き出ている場合、要注意です!!
普通の状態だと、紫色が全然わかりません。
体の血行を良くするって、大事なんですね~(*^^*)