投稿日:

憧れの先生がいなくなりました

ショックな事がありました。

里帰り出産でお世話になった先生が、
病院を辞めてしまったようなのです。
(たまたま、懐かしんで覗いた病院のHPにて発覚。)

「なんだ、別に大したことないじゃない(笑)」
と思われますかね。

でも、素敵な先生だったんですよ。
物腰柔らかく、良い声をしていて、
患者を大事にしてくれて、すごく信頼がおけるし、
看護師さん方にもウケが良かったようなので、
ぜひぜひ、第2子も取り上げていただきたい!と、
思っていたんですよ~。

間に合わなかった、残念。

世の中には色々なお医者さんがいますが、
「自分に合う先生かどうか」は、重要です。
重要なのに、なかなか難しい。

以前、軽い手術をしたことがあるのですが、
その後、定期的に健診に通っていた病院があるんです。
担当医は、ざっくばらんな感じで、
話をしやすかったんですが、
完治してしまえば、健診のみなので、
当時の担当医ではなく、他の医師に通されるようになりました。
が、その人が、肌に合わないというか、
ちょっと事務的で冷たく感じたというか、
とにかくもう二度と接したくないと思ってしまって。
結局、それ以来、他の病院で健診を受けるようにしました。

多忙なお仕事ですから、
最低限の仕事をこなすだけになるのはわかります。
でも、やっぱり、そんな中でも、
親身になってくれる先生の方が、より好きなのです。

ちなみに、現在お世話になる機会がある病院の中では、
耳鼻科の先生が素敵です。
内科・小児科は、まぁ、そんなもんかというところ。

そういった科と違って、
初めての出産は一大イベントでしたし、
癒しオーラ全開の素敵な先生で、
本当に良かったと思っています。

どこか別の病院で勤務医として働くのか、
はたまた開業するのか。
居場所がわかって、通えるところなら、
追いかけていきたいです(笑)。